初めての方→
車楽人メンバー→
車楽人代表/首席講師
佐藤謙佐藤謙
D1GPドライバー。日比野哲也の元同僚にして、元監督。
通称は、サトけん。
ドリフトに関しては天才肌で、骨の髄までドリフト野郎。そしてドリフトで培ったスキルと経験で、グリップも速い。
理論派と言うよりは実践派。説明に擬音が多いと噂。
主な担当は、中・上級クラス。わりとスパルタ。
愛車はS14シルビア(通称:スクール号)。
本業は、株式会社マーキュリーエンタープライズ代表取締役社長。
facebook
講師
舘野博文舘野博文
様々な遊びに精通するマスターオブ遊び人にして、様々なドリフトコンテスト(ハンコック日光グラチャン1位/ハンコック日光グラチャン3位/ドリフトマッスル筑波サーキット3位/N2H日光大会1位等)で入賞を繰り返すFCマスター。
一番の趣味はドリフト、二番はタイヤ交換、三番はバイクウィリー…以下延々と続く。
通称は、たてのん。
担当は主に中・上級クラス。ドリフトは、格好良くて楽しいのが大切。
愛車は色んな意味で"燃える"車RX-7FC他多数。
講師/事務担当
吉野剛史吉野剛史
ズブの素人から、ドライビングの殆どは車楽人で学んだ、骨の髄まで車楽人な講師。
ある時は自由過ぎる車楽人関係者の引率の先生、ある時は車楽人のあれもこれもせっせと取り仕切るお母さん、しかしてその実体は…走り出したら止まらない、語り出したら止まらない、人間としてのブレーキが壊れているアラフィフオヤジ。
通称は、よっし〜。トレードマークは、頭に乗せたパイロン…ではなく、頭に巻いたタオル。
担当は、主に初・中級クラス。褒めて育てるタイプ…らしいけれど、時々厳しい?
現在のドリフト用愛車は、NBロードスター。
講師
今村卓也今村卓也
ペダルやハンドルに届くのか心配されてしまうコンパクトな体格ながら、バリバリドリフトをこなす元気印講師。
本業は、八王子にある車屋マーキュリーエンタープライズ富士森店店長で、ドリフトだけではなく、車関係一般に広く見識のある頼れる兄貴。
通称は、マムー。
担当は、主に初・中級クラス。丁寧な物腰だけど、まだ少し堅い?
講師
渡部剛士渡部剛士
サトけんにヘッドハントされて、車楽人の講師を務める事になった新人講師。
講師陣の中では若いものの、大学時代から自動車部に所属したり、ドリフトチームのリーダーを務めたりと、ドリフトを中心としたスポーツ走行の経験は豊富。
RX-7(FC)を5台も乗り継ぐロータリーマニアでもある。
常に全開で、気持ちよく走る事がモットー。
通称は、つよぽん。
定評のある的確なアドバイスを活かして、まずはお手伝いを中心に参加。
スキルアップ講師
林広昭林広昭
ドライビングスキルアップスクールとドリパスクール(スキルアップ枠)に出没する、グリップ走行専門講師。
(おそらく)日本で一番ケイマンGT4のブレーキパッドとブレーキディスクを消費する男。グリップ走行一筋だったが、最近はドリフト修行も開始。
通称は、linlin。愛車はポルシェ ケイマンGT4。
豊富な経験から的確なアドバイスが出来るが、結構スパルタという噂も?
くるくる講師
下田紗弥加下田紗弥加
『サヤカとくるくる練習会』専属講師。
普段は車楽人特待生として練習を積み、D1 Lights Seriesに参戦中!
常に笑顔の絶えない、とても気さくでキュートな女子だが、ステアリングを握ると表情が一変する…らしい?
Special講師
日比野哲也日比野哲也
言わずと知れた、現役D1GPトップドライバーの一人。
2015年RDS (Russian Drift Series)、怒涛の全戦優勝完全シリーズチャンピオン獲得。
2011年からは、グリップのレースにも参戦。2012年、2013年AE86N1クラスシリーズ優勝。
見た目に反して、慎重派にして理論派。説明がわかりやすいと評判。
スケジュールが合えば、講師参加して戴く可能性アリ。
オフィシャルサイトhibinotetsuya.com
連絡先等 | トップページ
Copyright(C) 2017 SHARAKUJIN association All Rights Reserved